ロードサービスの種類と活用術

冬場のロードサービス

年末年始に集中して休みを取得する人は多いでしょう。

 

この機会に少し遠方まで行こうと思う人も少なくないでしょう。

 

もし自動車を運転して旅行に出かけ様と思っている人は注意しなければいけません。

 

「雪の降るような場所じゃないから」と油断しないでください。

 

言うまでもなく冬期の自動車トラブルに雪は大きく関係しています。

 

雪でスリップしてしまうとか、雪でスタックするなどがあげられます。

 

しかし自動車からすれば、気温の低い場所で運転をするということだけでもかなりの負荷を強いているのです。

 

たとえば、バッテリーにはバッテリー液が入っています。

 

バッテリー液は外気が低下すると言うまでもなく冷えてしまい、性能が悪くなってしまいます。

 

なので突然エンジンがかからなくなるということも発生してしまうわけです。

 

さらにラジエーターには冷却水があります。

 

冬場気温が低いところに車を放置していると、冷却水が凍ってしまうことがあります。

 

するとラジエーターを破損してしまう恐れがあります。

 

以上のように、特に雪場を運転するわけでないという時でも、自動車のトラブルが発生するリスクは思っているより高いのです。

 

ですからもしものために、ロードサービスに入っておいた方がいいでしょう。

 

中でも遠くまで行く場合には、何かのトラブルに遭遇した場合のために、自分が加入しているロードサービスの連絡先をチェックしておきましょう。

 

上記したような、冬場にだけ発生するトラブルについてもロードサービスは対応をしてくれます。

 

ですがロードサービスを頼りにするよりもまずは、あなたができるメンテナンスは自分でやっておいた方がいいかもしれません。

冬場のロードサービス関連エントリー


ロードサービスを上手に利用するためのポイントは?

Copyright (C) 2010 ロードサービスの種類と活用術 All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

冬場のロードサービス