ロードサービスの種類と活用術

ロードサービスのトラブル対応

ロードサービスには今日では様々なサービスが組み込まれていますが、一般的には自動車にトラブルが起きた場合に処置してくれるサービスが基本です。

 

ロードサービスでは、大部分のところが30分以内で対応することができるような小さなトラブルの時にはスタッフが現場に急行して修理します。

 

ロードサービスでよく起こる自動車の不具合というのは、下記のようなものです。

 

ガス欠やパンク、オイル漏れ、バッテリ上がりといった機械的なトラブルが主になります。

 

また、キー閉じ込みや脱輪といった運転者側のうっかりミスによるトラブルについても対処をしてくれます。

 

これらのトラブルに関してもロードサービスでは、24時間年中無休で行ってくれるのは頼もしい限りでしょう。

 

しかも、30分ほどの修理は現場で行ってくれますが、修理代はかかりません。

 

しかし「無料の修理」というのはあくまでも作業に関することだけで、なにか部品を交換した時には、部品の代金については料金が別にかかることもありますから気を付けましょう。

 

たとえば、ガス欠の場合、ガソリンの給油をしなければいけません。

 

ですので、この時に給油されたガソリン代の分は、別に料金が生じる場合があります。

 

今では、ロードサービス内容もバラいティに富んできています。

 

業者によっては、自動車内の問題だけでなく、家庭内のトラブルについても対処していることもあります。

 

面白いものとして、健康について心配があると電話で専門の医療スタッフに健康相談ができるサービスを行っているところもあります。

ロードサービスのトラブル対応関連エントリー


ロードサービスを上手に利用するためのポイントは?

Copyright (C) 2010 ロードサービスの種類と活用術 All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

ロードサービスのトラブル対応