ロードサービスの種類と活用術

ロードサービスに加入していない場合の費用

万が一自動車が自力で走行することが難しくなった時には、普通考えるとロードサービスにお願いすることになります。

 

しかし、ロードサービスに入っていない時には、レッカー業者に依頼してけん引をしてもらう必要になります。

 

別にレッカー業者に依頼をするればもちろん費用が生じます。

 

レッカー代金は地域や距離によってそれぞれ違いますが、数万円ほど発生するのが平均的なようです。です。

 

もし、ロードサービスに入っていた場合では、普通自動車保険やクレジットカードの場合にはお金がかからないというケースが多いです。

 

JAFのロードサービスに入っている場合でも、年会費の4000円ほどで済みます。

 

もし自動車のトラブルが起こったとして、サービスに全然入っていない時には、まずはその自動車を買ったディラーに連絡してみましょう。

 

すると、ディーラーが的確な指示をしてくれるか、近くで起こったトラブルの場合にはディーラーのスタッフがその場にやって来てくれるかもしれません。

 

たとえば、バッテリ上がりくらいの、現場に駆けつけてくれることができるようなトラブルの時には、現地で対応してくれるでしょう。

 

ただしこの場合別に料金がかかるでしょう。

 

おおむね1万円程度の料金がかかることを覚えておいた方がいいでしょう。

 

スタッフの移動にかかった費用と諸作業費用などは発生することはありません。

 

ですので、トラブルに遭った場合には、ひとまず自動車を買ったディーラーに連絡するのが一番いい選択と言うことができます。

 

ロードサービスに加入していない場合の費用関連エントリー


ロードサービスを上手に利用するためのポイントは?

Copyright (C) 2010 ロードサービスの種類と活用術 All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

ロードサービスに加入していない場合の費用