ロードサービスの種類と活用術

ロードサービスで多いトラブルとは

ロードサービスを使う人を調べていくと、いくつかのパターンがあることが分かります。

 

一番に、多いトラブルがバッテリー上がりです。

 

特にバッテリー上がりは、夏場に頻繁に起こるという特徴があります。

 

これは、クーラーの使用回数と関係しているようです。

 

夏になるとクーラーを全開にして使用する人は多いでしょう。

 

クーラーがどうして動くかといえば、エンジンのパワーをバッテリーで溜めて、それをエネルギー源としているからです。

 

つまり、電力の供給量と需要量とのバランスが失われると、バッテリが上がってしまうという仕組みになっているのです。

 

ですので、クーラーを常にかけるのではなく、気温が結構低い朝や晩には窓を開けるたりして、クーラーを使うことを少なくするといいでしょう。

 

そのほか、ロードサービスの出動回数が多いのは「キーの閉じ込み」です。

 

キーの閉じ込みの原因を調べていくと、うっかりミスが多いことがハッキリ見えてきます。

 

疲れていたとか、考え事をしていたということを理由に言う人が多いからです。

 

キーの閉じ込み対策としては、いつでもキーでドアの開閉をする癖をつけることを勧めています。

 

或いは、財布の中にスペアキーを入れておくなどして、キー閉じ込みが起きても自分で対処できる習慣をとっておくなどがいいでしょう。

 

また、タイヤの不具合もロードサービスの中では比較的見られます。

 

中でも高速道路で起きるタイヤのトラブルが多いようです。

 

高速道路ではタイヤが高速回転しますから、それだけ摩耗がひどくなり、さまざまなトラブルを起こします。

 

あるデータによれば、、高速道路では一般道路の3倍以上タイヤトラブルが起きてしまうそうです。

 

これらの点に気を付けて、なるべくロードサービスの手を借りないで済む工夫をしましょう。

ロードサービスで多いトラブルとは関連エントリー


ロードサービスを上手に利用するためのポイントは?

Copyright (C) 2010 ロードサービスの種類と活用術 All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

ロードサービスで多いトラブルとは