ロードサービスの種類と活用術

ロードサービス利用の流れ

ロードサービスを活用する時には、一番に連絡先をメモしておくことが大事です。

 

一般的にロードサービスを利用する時には、電話で連絡することが多いからです。

 

なので電話番号をいつもすぐ分かるところに置いておくくせをつけましょう。

 

電話連絡をするときにはまず、自分が今いるところがどこかを説明できるようにしておきましょう。

 

そんなに詳しく住所を言う必要はありませんが、大まかな位置については把握しておきましょう。

 

可能なら、近所に目標となる建物などがあれば、それを教えおくとスタッフの人も見つけるのが簡単になるはずです。

 

次に、自分がどうしてロードサービスの助けが必要なのかについてスタッフに伝えましょう。

 

どこの部分にトラブルがあるのか、自動車を自分で走らせることができるのかといったことについて、自分が分かる範囲で相手に伝えることです。

 

できる限り詳しくスタッフに情報を教えることによって、スタッフもこれからの対策を打つことができます。

 

スタッフが現場に駆け付けた時には、現地で修理することが可能かどうかについて確認をとっておきましょう。

 

万が一、現場で処理することができない不具合の場合には、自分たちはどのようにすればいいのかについて話し合いをしましょう。

 

多分、家に帰るか、その近辺で宿泊をするかというどっちかの提案があるはずです。

 

どちらが自分にとって都合がいいかで決めましょう。

 

ロードサービスを必要とする状況で、冷静でいられるのは難しいかもしれません。

 

しかし、自分のしないといけないことについて事前に知っておけば、思ったより動じずに行動をとることができます。

ロードサービス利用の流れ関連エントリー


ロードサービスを上手に利用するためのポイントは?

Copyright (C) 2010 ロードサービスの種類と活用術 All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

ロードサービス利用の流れ