ロードサービスの種類と活用術

ロードサービスを利用するとき

ロードサービスにお願いする時に、状況によっては利用することができないことがあります。

 

特に有名なJAFのロードサービスを例にして説明してみましょう。

 

最初に、自動車の車検が切れている場合サービスを利用することができません。

 

また、自賠責保険に入っていない自動車もサービスを受けられる対象外となりますから気を付けましょう。

 

その上、自動車のタイプによっても線引きがされ、改造された自動車についてもサービスも拒否される場合があります。

 

ロードサービスでは、自動車についてだけではなく、自動車に積まれている品物によっても、サービスを行うことができないケースもあります。

 

例えば食料品などの生鮮食品や高額な商品といったものを運搬している車についてはけん引などの対応ができなくなる可能性があります。

 

その他、場所によってロードサービスの規制があることも頭に入れておきましょう。

 

具体的には、離島での自動車トラブルには処置ができないことがあります。

 

自分の住んでいる地域がサービス対象になっているかどうか確かめておくといいでしょう。

 

万が一島でサービスを利用することができたとしても、スタッフが駆けつける時に発生した費用を請求される場合があります。

 

例えば、島に渡るためフェリーを利用した時には、その料金が請求されることがあります。

 

他には自然災害が発生した地域で自動車トラブルが起こった場合でも、スタッフが現場に行くことができないケースもあります。

 

スタッフの安全を考えてのことですから、理解しましょう。

ロードサービスを利用するとき関連エントリー


ロードサービスを上手に利用するためのポイントは?

Copyright (C) 2010 ロードサービスの種類と活用術 All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

ロードサービスを利用するとき