ロードサービスの種類と活用術

SBI損保のロードサービス

SBI損保のロードサービスの特性としては、レッカーによる運搬が必要と判断された時には、その距離に関係なく移動料金は無料というところが挙げられます。

 

SBI損保がお勧めする修理工場までという決まりはありますが、普通は移動の距離によって制限をしている自動車保険がほとんどなのでSBI損保のロードサービスは親切でしょう。

 

トラブルによっては、自動車を買い求めたディーラーで詳細になぜ問題が起きたかについてみてもらいたいという方もいらっしゃるかもしれません。

 

でも土日だった場合、ディーラーも閉店しているところが多いと思いますから、自動車をどうするか困ってしまうでしょう。

 

そんなときSBI損保のロードサービスに頼めば、レッカー移動をしてくれた業者が自動車を預かってくれます。

 

最長で48時間まで保管してくれますから、休日中にトラブルが起きてもしっかり保管をしてくれます。

 

その上レッカー業者が保管してくれるのに生じる料金も全くありません。

 

多くのロードサービスの中で含まれているものに、バッテリー上がりのトラブルがあります。

 

しかしこのバッテリー上がり、一般的には運転中のトラブルのみに限定をしているロードサービスが大多数です。

 

SBI損保では、道路上でのバッテリー上がりは言うまでもなく、家で停めてあるトキのバッテリー上がりについても対処してくれます。

 

万が一バッテリー上がりのトラブルを解決することができずに、自動車を動かせることができないというケースでも、レッカー車によって近くの修理工場へ運んでくれます。

 

もちろん、運搬距離は関係なく無料です。

SBI損保のロードサービス関連エントリー


ロードサービスを上手に利用するためのポイントは?

Copyright (C) 2010 ロードサービスの種類と活用術 All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

SBI損保のロードサービス