ロードサービスの種類と活用術

CFカードのロードサービス

CFカードでは、会員に「CFスーパーロードサービス」というロードサービスを行っています。

 

CFカードでも、平均的なサービスが揃っています。

 

すなわち30分ほどで処理できるような小さなトラブルの時は、無料でさらに現場で修理をしてくれます。

 

万が一その場での修理が不可能という時には、レッカーで修理工場まで移動をしてくれます。

 

つまり10kmまでの移動ならば、レッカー移動については無料となります。

 

CFカードでは、自動車に問題が起こった場合、現場にスタッフが駆け付けます。

 

この時ロードサービスのなかには、有料道路などを通った場合、交通費を払わなければいけなくなる場合があります。

 

しかしCFカードのサービスを利用した時には、もし有料道路を利用して現場に着いたとしても、その料金を利用者に請け負わすことはありません。

 

CFカードのロードサービスというのは、JRSと提携しています。

 

JRSというのは「日本ロードサービス」を略したもので、その分野のプロフェッショナルです。

 

もしトラブルが起こった時は、デスクに連絡をします。

 

それと同時にJRSが駆使したデータを活用することができます。

 

JRSのデータベースを使って、利用者がトラブルにあった場所を瞬時に検索をしてくれます。

 

自分があまり詳しくない道の場合、このサービスがあれば安心でしょう。

 

それにアフターサービスも優れていて、もし移動方法がなくなってしまった時の代用の交通手段や宿泊先の準備も行ってくれます。

CFカードのロードサービス関連エントリー


ロードサービスを上手に利用するためのポイントは?

Copyright (C) 2010 ロードサービスの種類と活用術 All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

CFカードのロードサービス